電子印鑑と二酸化炭素の放出 ☆1★

会社の中では捺印を行う事が多くあります。会社の中で利用する印鑑は、三文判、訂正印、データ印などになります。また、三文判やデータ印は、スタンプを利用した物が使われる事が多く有ります。最近は、電子データが多くあり、電子データによる回覧が行われる事もあります。このような電子データに、普通の印鑑を利用する事はできませんので、電子データ用に作られた電子印を利用する事になります。電子印は、特別な文書でなければ、フリーソフトウェアを利用した電子印でも構いません。しかし、認証が必要な印鑑ともなると、フリーソフトで作るようなものでは許されない事もあります。認証と言っても、実印のような印鑑登録を行うものではなく、その印鑑となる電子印がその人のものである物で有るという認証を得ておけば良いのです。電子印を利用する事で、紙の文書は印刷をせずに、画面の中で回覧を可能とします。

DVDの買取ならBookRiver

カード ショッピング枠現金化